ソースを見やすくする

HTMLではタグの外でなら改行や空白文字の挿入は表示に影響を与えません。例えば
く html> <head >くtitle >Sample </ title >くI head ><body ><h1 >HTMLく/h1 >くIbody ></ html >
のように改行せずに記述しても
<html>
<head>
くtitle>Sample </title>
</head>
くbody>
<h1>HTML</h1>
</body>
</html>
のように記述しでも表示に影響はありません。 タグの前後での改行、タブ、半角スペース(空白文字と総称します)は自由に挿入できるので、これを利用して適宣改行やタブなどを入れて見やすくしましょう 。ただし、タグの「く」「>」の聞は注意が必要です。要素名と属性名の間や、属性を連続して設定する場合は、設定値とその次の属性名の聞には空白文字を[入れなければならない」一方で、要素名や属性名などの途中で空白文字を入れると正しい解釈ができなくなります。「く」の直後には空白文字を入れてはいけません。逆に、「>」の直前は空白文字を入れても構いませんが、必要のない空白文字は入れないほうが無難です。また、全角のスペースは使わないでください。
これまで作成したHTMLファイルは非常に単純なものばかりです。サンプルのとおりに表示されない場合は単純なタイプミスなどがないかどうかよく見てみましょう。よくある間違いは、全角文字の使用です、「<」「>」などを全角にしてしまうとタグが認識されず、タグ自体がブラウザに表示されてしまいます。タグの文字に全角を使うと、ブラウザに正しく認識されず、意図通りの表示にできません。全角のスペースが半角スペースの代わりに使われていると、その地によってはやはり正しく認識されません。必ず入力モードが半角英数字になっているか確認しましょう。