特殊な文字を表示する

例えば、フラウザ上に「<p>」と表示したい場合とき、ソースに「<p>」と記述すると、段落の開始と解釈され、ブラウザには表示されません。このようなときは「<」の代わりに「&lt;」、「>」の代わりに「&gt;」 と記述します。同様に、そのまま入力したのではブラウザ上では正しく認識できない特殊な文字は、決められた文字列をソースに記述することによって表現できる場合があります。
また、文字列でなく、数字の組み合わせを使うこともできます。著作権を表す記号は「&copy;」でも「&#169;」でも表すことができます。