スタイルを記述する場所は?

① style属性の値として記述する
「 プロパティ値」というスタイルの設定を記述 する方法は3とおりあります。HTML の知識が あれば、一番わかりやすいのは、スタイルを設 定したい要素に、 sty le 属性を設定する方法で、
「style=” プロパティ:値”」 のように 「”」または 「’」 を付けて記述します。
②headタグ内に記述する
1つの HTML 文書 内に共通するスタイルは、 head 部分に style タグを 用いて指定します。ま ず、 styleタグのtype属性に「”text/css”」を設定します。これはスタイルシ ー トの種類がcss であることを表しています。スタイ ル設定対 象を指定するものを「セレクタ」といいますが、 同ーのタグすべてにスタイルを設定したいとき は、タグ名をそのままセレクタとして用います。 たとえば、h1 タグにスタイルを設定したいときは「h1」を記述し、「{}」で囲んで「プロパティ:値」を記述します。なお、この記述方法を採ると、 css に対応していないブラ ウザではスタイ ル 指定の文字列がそのままブラウザに表示されて しまうので、それを 防ぐため にス タイル指定の部分を「<!-」 「ー>」でコメン卜化しておくのが 一般的です。
③拡張子「.css」のファイルを作成する
スタイルを設定するファイル(外部スタイルシート)を別途作成し、その設定情報を HTML 文書から呼び出すようにすることもできます。 この方法を採れば、複数の HTML 文書に共通の スタイルを設定することが容易にできるように なります。 外部スタイルシートファイルは、スタイル設定 情報を記述し、拡張子を 「.css」で保存します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です