パーミッションについて

サーバー上に配置するCGIやPHPなどのプログラムファイルは、HTMLとは違ってただ単にブラウザからURLを指定してアクセスしたのでは動きません。
理由は、これらのプログラムはサーバー側で動作するものなので、ブラウザには動かすことができないからです。
そのため、ウェブサーバーを介して動かします。
しかし、 HTMLのように不特定多数のユーザーがプログラムを実行できてしまってはセキュリティ上好ましくないので、サーバー上のファイルには1つ1つアクセス権を設定できるようになっています。
アクセス権は、誰にどんな操作を許可するかを定義するもので、パーミッション(permission)と呼びます。
permit(許可する)の名詞形がpermlsslonなので、そう呼んだと理解しておけばよいでしょう。

パーミッションの設定はサーバーの管理画面やFTPクライアントなどのソフトを使って設定します。
「誰」に相当するのが「オーナー、グループ、その他」で、「どんな操作」に相 当するのが「読み込み、書き込み、実行」です。
各操作の権限は数字で表され、実行が1、書き込みが2、読み込みが4と決まっています。
そして、許可する操作に対応する数字の合計を、オーナー、グループ、その他の順に並べた3桁で1つのファイルのパーミッションを表します。
たとえば、プログラムに付属するスタイルシート(.CSS)やJavaScript(.js)の場合、設置者自身はファイルを更新できるために書き込みの権限が必要ですが、その他のユーザーはブラウザを介したファイルの読み込みだけができれば用が足りるので、オーナーは「読み込み+書き込み=4+2=6」、グループとその他はそれぞれ「読み込み=4」となり、パーミッシヨンは644となります。

また、FTPクライアン卜などの画面では数字ではなくrwxなどのアルファベットで表示 される場合がありますが、これは3桁の数字でパーミッションを表すのと全く同じことです。
RはRead(読み込み)、wはWrite(書き込み)、XはExecute(実行)の意味だからです。
また、CGIはPerlと呼ばれるプログラム言語を使って記述されますが、HTMLやCSSで記述されたホームページを表示するためにブラウザが必要なのと同様に、Perlを動かすためにはサーバーに備わっている「Perlを動かすためのソフトウェア」が置いてある場所を示すパスをCGIファイルに記述して関連付けてあげる必要があります。
同様に、メール送信機能はサーバーに備わっている「Sendmail」というソフトウェアの場所を示すパスを記述する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です