品質マネジメン卜

品質マネジメントは、プロジェクト実施時の要と言えるだろう。

Webサイト制作は車やビルなどある程度やり方の決まったものを作るのとは異なり、規模やトーン&マナーがあまりにケースバイケースのため、「品質」についてはあまりピンとこない人も中にはいるのではないだろうか。

では、果たしてデザインが「ダサくない」ようにデザイナーをコントロールしたり、マークアップでW3Cの仕様書に従うとか、アクセシビリティについてJIS規格に準拠させることが、品質のマネジメントと言えるのだろうか。
PMBOKにおける品質とは、「プ口ジェクトのステークホルダーが、プロジェク卜に何を期待するか?」を満たすことであると考えられるだろう。また、品質マネジメン卜は、プロジェクトの開始から終了までの間、プロジェク卜の計画と成果物の両方に対し行なうことになっていると言われている。
Web制作に置き換えると、発注者が提案依頼書で表わした要求からはじまり、その後Webサイトが完成するまでに具体化してきた要望、さらにはステークホルダやWebサイトのユーザーの期待に応えられているかということも大切であろう。それを叶えるためのツールとしてガイドラインやルールが存在するのであって逆はないはず。品質マネジメン卜は制作フェースで重点的に実践される必要があると考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です