提案依頼書

提案依頼書というのは、WEB制作を外注するといった場合、相手に求めたい作業範囲を明確にするために作成する書類と言えるでしょう。これは、RFP(=Request For Proposal)とも呼ばれ、内容を深く理解してもらうためのオリエンテーションを行うといった場合もあるようです。ビジネス面だけではないですが「インプット」と「アウトプット」という言葉があるでしょう。これはそれぞれ「入力」と「出力」と言う意味ですが、ビジネス面でこの言葉を使用する場合、経験や知識を重ね、技術的に能力を高めていくことを「インプット」と呼び、それを活かしていくことを「アウトプット」と定義されているのではないでしょうか。インプットした経験をアウトプットしなければただの自己満足ですし、アウトプットするためには、普段から経験を積むために行動しなければならないでしょう。このことからもわかるように、この二つのワードは、切っても切れない関係と言えるでしょう。ことWEB制作の依頼書の作成においても同じことが言えるようです。発注者は思いつきで作成するのではなく、相手に「目的」が伝わるように作成する必要があるでしょう。そのためにまず「インプット」として、その部分を明確にする行動が必要と言えるでしょう。事業計画、戦略、ブランドイメージやデザイン性から、時には季節的なリニューアルなど、制作要因は様々な種類があるでしょう。そうした中から、明確な目的を掘り下げることが大切でしょう。次に、明確にした目的をアウトプットする作業が必要でしょう。提案依頼書を「目的」に合わせ、予算、制作期間とスケジュール、必要な人員やスキルと言ったものを細かく設定して明記することが「アウトプット」と言えるでしょう。提案依頼書の目的は、それを見せることにより、相手の提案を提出してもらうというところにあると言えるでしょう。この一連の流れが、WEB制作の提案依頼におけるインプットとアウトプットなのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です