HTMLファイルを作成するには

①簡単なHTMLを入力する
HTMLのしくみを説明する前に、まずは一番単純な形のHTMLを記述してみましょう。先頭行に「<html>」と入力し、2行目にはブラウザに表示させたい文章、例えば、「こんにちは」と入力してみましょう。3行目には「</html>」と入力します。これだけで、ブラウザに「こんにちは」と表示することができます。
②保存する場所を指定する
HTMLを記述した文書のファイルをここでは「HTML ファイル」と呼ぶことにします。HTMLファイルを保存するには、まず[ファイル]メ ニューから[名前を付けて保存]を選択すると、 [ 名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されます。ホームページ作成用に専用のフォルダを作成しておくとあとの作業がやりやすくなります。フォルダの場所はデスクトップがわかりやすいでしょう。[名前を付けて保存]ダイアログボックス上部の保存する場所に[デスク トップ]を指定し、[フォルダの参照]ボタン をクリックします。
③新しいフォルダを作成する
フォルダの中身が表示されます。フォルダ内の何もないところで右クリックして、表示されるメニューから[新規作成]→[フォルダ]を選択します。
④新しいフォルダが作成される
「新しいフォルダ」という名前のフォルダができます。
⑤フォルダ名を変更する
フォルダには、ホームページ作成用のものだということが分かり易いような名前を付けます。ここでは「myhomepage」とします。
⑥「myhomeppage」と名前が変更されたフォルダを開くために、このアイコンをダブルクリックして開きます。
⑦ファイル名を付ける
ホームページ作成用のフォルダが聞きました。 HTMLファイルはこのフォルダ内に保存します。 ファイル名を付けて保存するために、まず、 [ファイル名]の 「* .txt」と表示されている文字をクリックして色を反転させます。
⑧ファイル名を入力する
HTMLファイルは拡張子「html」または「htm」で保存します。拡張子とは、ファイル名本体に続いて「.」のあとにそのファイルの種類を表す3-4文字の半角英字です。本書ではすべて「html」に統一します。ファイル名は半角英数字で付けます。ここではファイル名を 「test.html」とします。ファイル名をキーボードから入力し、 [保存]ボタンをクリックします。
⑨ファイルが保存された!
ファイル名が付き、メモ帳のタイトルバーに「test.html」と表示されました。これで、HTMLファイルが保存されました。